U-NEXT、NETFLIX、DAZNなど、YouTubeもいいけどこの動画サービスも使ってみては?

雑記

“YouTubeを1番見るのはサラリーマン”

こんにちは。 Ryota (@RyotaBlog36)です。

最近、「まだサラリーマンやって消耗してるの?」みたいなツイートや記事が多いですが、

まだサラリーマンやって消耗させて頂いてます。キリンです。

消耗してると思われがちですが、消耗してるばかりではなく、結構楽しんでることも多いですよ?

通勤電車の映画鑑賞とか、仕事終わりの一杯とか。

会社経営している方やフリーランスの人から見たら、

いや、会社に属さない方が自由できるけど

みたいな見え方かもしれませんが、

ある程度縛りがある上で娯楽を楽しむことに幸福感を得るというのが

サラリーマンの特権だったりするんですよね。。。わかりますかね(笑)

今回は、僕の趣味でもある動画鑑賞、映画鑑賞で使ってるメディアを紹介していきます!

この記事を読むべき人

  • 通勤時間が長いサラリーマン
  • 会社に行きたくなくてサボり気味なサラリーマン
  • 帰っても暇なサラリーマン

れっつごー!

YouTube

最近の若者の3人に1人は見ているであろうYouTube(キリン調べ2019による)。

YouTuberという職業が確立されてきており、現代っ子が将来なりたい職業の上位になっているほど今1番ホットな動画配信サービスです。

このブログでもYouTuberに関しての記事を多数投稿しており、僕自身もYouTubeをよく利用しているのがバレバレですね(笑)

YouTubeの良さって、

スピード感(毎日投稿とか、ニュースがすぐ動画で掲載されるとか)

気軽に投稿できるので今みたい情報を手に入れることができる

有名アーティストの音楽が聴ける

テレビにないチャンネルがある

などなど、たくさんありますよね〜。

僕が中学生の頃はなかったので、ここ10年間くらいで急成長した動画サービスだと感じます。

Amazon prime Video

まだまだ知らない、使ってない人が多い気もしますが。

このサービスは本当に優秀で、プライムビデオ以外の特典もついていて、月額400円。

画質が悪いわけでもないし、昔の映画しかないという事もなく、僕は毎日視聴しています。

このサービスに関しては下記の記事で詳しく書いています。

今更なんだけどAmazon primeの良さに関して語っていいかなぁ??

DAZN

僕がDAZN(ダゾーン)を利用している1番の理由は、Jリーグの全試合が視聴可能であることです。

また、DAZNがJリーグの協賛に入り日本のサッカー界がビックカテゴリーになった事への感謝や敬意でもあります(笑)

※2019年になってプロ野球も全試合観れるようになりましたよね!

DAZNがジョインしてからというもの、Jクラブの資金が潤沢になり、海外からビックネームが多数移籍してくる様になりました!

明らかに日本のサッカー界が盛り上がっていますし、DAZNは革命を起こしたと言えます。

サッカー好きは是非加入してみてはいかがでしょうか?

テレビ、スマートフォン、タブレット。

全ての媒体で視聴可能。オススメです。

Netflix

最近CMでよく見る、ネットフリックス。

なんと言ってもネットフリックスにしかないコンテンツがたくさんあることが最大の魅力です。

最近だと、「あいのり」や、「ブラッドライン」、「sense8」などですかね。

昔はテレビで放映されていた「あいのり」も今はNetflixの専売特許となっている模様。

潤沢な資金を武器に、ハリウッド並みの演出も魅力のひとつとなっています。

Amazon primeに比べると割高な気もしますが、そこにしかないコンテンツを見たい人は登録せざるを得ませんよね(笑)

U-NEXT

ネットの広告などで出てくることが多いU-NEXT。

頻繁に広告が出てくるが故、毛嫌いしている人も多いのではないでしょうか?

しかし。

見放題の動画はどの動画サービスよりも多いし、プランにもよりますが1アカウントあたりの同時視聴可能媒体数は業界トップです。

例えば、お父さんが加入したとして、リビングではお父さん、自室で娘さん、寝室で奥さん、実家ではお母さんも視聴可能です。

ほかの動画サービスには無い権利ですので、同時視聴可能媒体数も踏まえた上で動画配信サービスを選んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

視聴可能動画数、同時視聴可能媒体数、月額/年額など、自分が求めていることは何かよく吟味することが大事
どれも初回登録は無料で出来るため、全部登録するのもアリ
YouTube最高

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。