団地に家族5人+義母と住む20代男性のライフスタイルや不満とかをぶちまけていくよ!!

未分類

”団地でタバコ吸ってると一瞬で噂になる”

こんにちは。キリン(@kirin_rins2)です。

僕はちょっと訳あって嫁の実家の団地に住んでるんですけど、お義母さんと住んでるし山奥だしで普通の家庭とは違う生活を送っているので皆さんに知ってほしいです(笑)

興味ないかもしれませんが、自分へのリマインドとこういう状態になってる人が共感してくれればなぁーと思って書いています。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで団地に住んでんの?

結論から言うと、子供3人も親の助けなしでは育てられないんですよね。

僕はプロフィールにも書いていますが3人の子供がいます。

共働きで、僕が帰る頃には妻と子供は寝ています。

ですので、親が居ない場合、

ご飯、お風呂、寝かしつけを妻一人でやる日があるってことです。もし年が離れている兄弟ならいいですが僕の家はまだ歩きもしないおチビさんが一人います。そして一番上は「第一次イヤイヤ期」です。

まぁ、家の中は子供が寝るまで動物園です。ここまで賑やかになるとは予想外でした(笑)

それで、嫁の実家である駅徒歩50分の山奥の団地に一時帰宅しています。(住民票等は移動していない)

実際、共働きですし僕の勤務先も上場している中堅の企業ではあるのでお金にはそこまで困っていませんし、こうなることが想定できなかったんかと言われれば何も言えませんが、とりあえず実家に帰るのが僕ら家族にとって、妻にとっていちばんいい選択肢だと思ったので実家に帰る決断をしました。

今までの居住歴

・実家が庭付き200坪くらいの一軒家

・1社目に就職した会社では1部屋15畳ある1LDK住み

・その後神奈川に転居した際は友達と一軒家でルームシェア

・結婚して嫁と子供と3人で2LDKのアパート

今まで一人暮らしは1回のみ。家族以外と住んでいたこともある。というスペックです。

住まいに不満を持ったことはありませんでしたし、言いたいことははっきり言うタイプですので自分の好きなようにやっていたところはありますが、今回ばかりは「面倒になる」というのがいちばん大きいですし、「家主は自分じゃない」ので家のことは何も口出ししないようにしています。というか、できません。

ほんきの不満と困りごと

気の知れた友達と住んでいたことはありますが、カプセルホテルや漫画喫茶で一夜を明かしたという経験もなく、割と潔癖症のため不満が溢れる溢れる(笑)

自分の空間と公共の空間の境目がほぼない

一番はこれです。基本的に個人の空間がないので落ち着きません。

寝室も6畳一間の狭い中に荷物と布団を敷いて寝ていますので生活の大部分はリビングで過ごします。

自分の好きなテレビも見れなければ空調、照明に至っても義母好み。。。家主ですからね。とほほ。

一般的に結婚して自分の住処を持っている人ってリビングや寝室、風呂にトイレまで自分や配偶者の趣味で溢れると思うんですよね。それがほぼ他人の趣味嗜好の物になるので、なんていうか。ねぇ(笑)

ブログ書く時間も作れなければ晩酌もできない

僕の唯一の楽しみが「ブログ」と「晩酌」ですのでちょっとこれはしんどいですねぇ。

子供の寝かしつけが終わり、リビングに戻って一息つきたいなーと思っても義母が海外ドラマ見ながら寝落ちしていびきかいている。。。

恐る恐るブログ書き始めると起きて大声で話し始める。。。

お風呂とかご飯とかすごく助かっているのでなんとも言えないですけど、寝る時くらい部屋に戻ったら?って何回言っても無理でした。。。ふぅ。

柄に合わず、ちょっと間接照明なんかつけちゃったりして晩酌するのも今や叶わない夢。。。

あと1年ちょっとはこの生活ですかね。

「脱衣所」って区切りがない

これ結構衝撃で、うちの団地って脱衣所というものが存在しません。団地ってこんなもんなんですかね?

なので、玄関入ってすぐ左がお風呂です。(冒頭の簡易間取り図参照)洋室出てすぐ脱衣所なので義母が出てきた瞬間に僕が裸だったって時もありますし、息子を見られたこともありますwww

とにかく壁がないのでスースーで寒いですし、風呂場の湿気がリビング、廊下まで行きわたります(笑)

結局のおはなし

最初にギブアップしたのは妻だった

意外な話、先にギブアップしたのは妻で(笑)

なんだかんだ言っても親子は親子で、中高生の時って家から出たいって思うじゃないですか。それって、「わかってることを執拗に言ってくる」、「過保護、過干渉」、「プライベートに干渉して欲しくない」っていうのが理由だと思うんですけど、結婚して家庭持ってもそれは変わらず、逆にそれと同じことを今度は自分の子供にも降りかかるわけです。

そうなると、自分のこと以上に腹立たしく思ったり過剰に反応してしまうことが増えてきます。そのことに耐えられなくなったというのが一つ。

あとは、僕がちょっときついなーと我慢しているのが伝わってしまって、耐えられなくなってしまったと。

申し訳ない。反省します。

まとめ

実家に戻ることが全ていいとか悪いとか言っているのではなく、

・実際に戻った時のことをもっとこと細かく想定すること

・事前に自分たちの状況を説明しておき、どこまでの助けが必要でここまでは入ってこないでねという話し合いの場を設けること

・生活リズムが合わない場合は戻るべきではないし、戻すべきではない

・戻るのであれば全てを受け止め、解決できるような覚悟で望むこと

上記を踏まえて、夫婦でじっくり考えたほうが利口かと思います。

僕らは3ヶ月ぐらい夫婦で話し合う時間を設けましたが、結局はこういう結果になってしまっていますので、言葉でわからない場合は1ヶ月お試ししてみるとか、頻繁に義母。義父を誘ってご飯に行くなどするべきでした。

その上で、リスク・アセスメントをし、『来るべきその日』に備えるべきだったかなーと思いました。

 

でも僕的には、実家に帰ることは反対です。僕のように短期間(とりあえず2年)だったらまだ頑張れるかもしれませんが終わりのない苦痛って本当に苦痛でしかないです。

冷酷なこと言いますが。結局、妻も、妻の母も赤の他人なわけでどうしても合わないってことは絶対にあるわけです。

それが妻であれば許せることが多いかもしれませんが、義母って許せますか?本当に許せないことって本当に許せないと思いませんか?

そんな時、逃げ道がないのは結構辛いと思います。

なので、本当にお金がきつくて〜とか子どもと日中ふたりでいると鬱になりそうで〜とかでなければ家政婦を雇ってでも配偶者側の実家には戻るべきではない。と僕は思います。

半分愚痴になってしまって申し訳ありませんが、(笑)

収集がつかなくなってしまいそうなので終わりにします。

 

ではまた。

ブログ初心者は、当ブログも利用している「XSERVER」がおすすめ

僕のこのブログ「キリンといっしょ」は"Xserver"を利用しています。

XSERVERは

  • 月額1,000円程度(利用プランによる)
  • 無料SLL利用可能
  • Webサイト高速化
  • 自動バックアップ

などなどコスパが最強です。

他社で運用しているワードプレスサイトを必要事項の記入だけで簡単に移行できる「簡単移行機能」もあります。

何かわからないことがあったら電話やメールでサポートしてくれます(無料)。

99%以上の稼働率で安定しているのもおすすめのポイント。これからブログを始めたいと考えている初心者の方はぜひチェックしてください。



そして、ドメインはお名前.comにて取得しています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。