【ブラック職種】自動車業界”完成車メーカー”と”部品メーカー”での設計経験がある僕がこの業界に関して語っていきます!!

会社

”自動車の技術職の人変態多い”

ブログ初心者は、当ブログも利用している「XSERVER」がおすすめ

僕のこのブログ「キリンといっしょ」は"Xserver"を利用しています。

XSERVERは

  • 月額1,000円程度(利用プランによる)
  • 無料SLL利用可能
  • Webサイト高速化
  • 自動バックアップ

などなどコスパが最強です。

他社で運用しているワードプレスサイトを必要事項の記入だけで簡単に移行できる「簡単移行機能」もあります。

何かわからないことがあったら電話やメールでサポートしてくれます(無料)。

99%以上の稼働率で安定しているのもおすすめのポイント。これからブログを始めたいと考えている初心者の方はぜひチェックしてください。



そして、ドメインはお名前.comにて取得しています。

今日は、現在設計職で朝8時から深夜2時までせっせと働いている僕の仕事を紹介します!

ではなく、これから就活をする方へ少しでもこの業界を知ってもらいたい!という気持ちを込めてこの記事を書くとします。

4月入社に向け頑張っている受験生の皆さん!必見ですよぉぉ…!!

キリンの職歴

私の経歴をざっと羅列すると・・・

▼高卒で栃木県にある某完成車メーカーに就職

▼違う職種の経験をしてみたい!人生一度きり!!と一念発起し3年ほどで退職

▼スポーツトレーナーとしてJリーグのチームに帯同する

▼コネが欲しくて横浜のBarでバイトを始める

▼お酒づくりたのしー!!バーテンダーモテるぅぅ!!と思いBar一本に

▼昇給なし、過重労働を理由に退職

現在ドア製品を扱う部品メーカーに転職

この10年もしない間に職を転々としています。(笑)

色んな職業を経験したい!と思い起業もしました。

一つの会社にずっといる才能がありません。。

完成車メーカーと部品メーカーの違いとは?

結構この違いをわかっていない人が多いと思います。業界人もこの呼び方はしませんので中にいる人もわからない人が多いのではないでしょうか?

実際、”自動車の部品メーカー”といって浮かんでくる企業ってありますか?

答えはNOですよね。相当な物好きや車いじってる人でない限り知らなくて当然です。

完成車メーカー

皆さんがすぐ思いつくのは世界のトヨタ自動車ですかね。あとは、国産車メーカーでいうと本田技研、日産自動車などが該当します。海外メーカーだとVWやBMW、BENZ、ポルシェが完成車メーカーと呼ばれるものです。要は車1台を丸々管理している会社のことです。

部品メーカー

完成車メーカーに部品を納入するメーカーのことです。

BUMPER、LIGHT、DOOR、PANELなど多岐に渡ります。

有名どころでいうと、豊田紡織、カルソニックカンセイ、ショーワ、ヴァレオなんかが資本金、知名度的にも有名どころと言えるのではないでしょうか。

完成車メーカーとは対照的に部品1つを管理している会社です。

仕事の内容

自動車のメーカーの設計職はどんなことしてるの?というと、主にCAD(CATIA)やNXといったソフトを用いてモデリングという作業をしたり、各部品間、得意先との調整をしています。海外仕向けがある場合海外の事業所とskypeでミーティングをしたり、進捗を伺いに実際に赴いたりします。

基本的にCAD(CATIA)やNXといったソフトは使えれば使えるだけいいですが、出来なければどうしようもないということもありません。スケジュール管理や、資料を見やすく使ったり知識があって他分野との調整がうまいなど、他の部分が秀でていればなんとかやっていけます…(笑)

福利厚生と給与に関して

給与に関して、基本的に自動車業界(tier1、tier2)は今の時代そこそこ景気が良く、栃木の企業に勤めていた時は賞与も5.8ヶ月頂いていましたし、今の部品メーカーでも4.8ヶ月出ています。月数だと分からないと思いますが毎月の手取りは20代前半で30万弱ですのでそこそこいい方だと思います。

福利厚生に関しては労働組合もありますし、春闘、職場委員の設置など、賞与、給与に関して直訴できる組織もあります。最近ではパワーハラスメントやマタニティハラスメントなどそういったものに対しても組合が厳しく取り締まってくれています。工業系では男性が8割を超える会社もあると思いますので就職活動をするにあたって重要視するポイントになってくるのではないでしょうか?

ブラックな部分

上記までで見ると「自動車業界はホワイトだよ!!」と言っているようなものですがもちろんブラックな部分もたくさんあります。というか、ブラックな部分が多いです。

何と言っても一番ブラックだと感じるのは勤務時間です。

フレックス制度を採用している企業も増えてきていますが、実情は残業時間が増えているだけのように感じます。遅く出社すればその分退勤時間も遅れますが繁忙期に残業する場合出社時間分残業が増えることになります。

lot毎に山と谷があると思いますが山はすごく山で、谷は浅いです。そうなると残業時間は増えるばかりでサービス残業をする社員も増えてきます。新卒の社員がベテランの社員が勤怠を切りにいく姿を見るのは辛いことですよね。。。

ホワイトな部分

ホワイトというか、やりがいのような部分になってしまうのですが、「まだ世に出ていないものを育てられる」ということが一番だと思います。

完成車メーカーだと企画から立ち上がりまでの期間は2、3年です。

部品メーカーであれば受注から1、2年で立ち上がります。

この期間は各完成車メーカーによって変わります。N車、H車の開発を経験しましたが、ほとんどスピード感は変わらないように感じます。また、開発の段階の呼び名(Lotなんて言ったりします)も各社で全然違います。この辺の比較はまた別の記事にまとめようと思っています。

まとめ

いいところも悪いところも、詳しい事情も絡めて書いてきましたが基本的にタフな人なら入るべき職種だと思います。設計業は体というよりは精神的な強さを求められます。どれだけ打ちひしがれても立ち直る自信がある人!そう言った自信がある人は挑戦してもいい職業ではないでしょうか?給料、福利厚生はいいですしやりがいもすごくあります。仕事は何を求めるかだと思いますが、ある程度バランスのとれたいい職種だと断言できます。

では、また!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。